現在の住居が個別住宅でなく集合住宅の場合、給水設備の不具合によっては飲用水に多大な影響を及ぼします。

高架水槽や受水槽などのタンクや給水ポンプ、建物内部の配管の劣化によって水質が悪化することがあります。これらは共有の設備なので個人で交換するわけにはいきません。個別住宅でも、給水管が内面被覆鋼管でない場合は、内側の金属部が錆びて水質劣化となります。給水管が行き止まり配管で施工されていると水が滞留したままになり、同様に水質悪化の原因になります。

日本は安い価格で安全な水が使用できる良い環境です。浄水器の売り上げが伸びている理由は、既存の水質に満足できない人がいるからです。匂いがしたり濁った水が蛇口から出ていると感じたり、有害物質が混入していないかという心配が存在します。家庭に供給される水道水がどの程度きれいであるのかがわからないので浄水設備を導入します。評判の浄水器には主に二種類あって、蛇口直結と据え置きのタイプがあります。

蛇口直結では、小型の機器を直接水栓に取り付けるので価格も高くはなくて評判です。不純物の完全除去はできませんがカルキ臭を取り除く効果はあります。据え置きタイプは、流しの下に収納されるので、流し台まわりの違和感がありません。フィルターは本格的ですので除去性能に優れていて評判ですが、価格は直結タイプと比較して高くなってしまいます。いずれの浄水器も、フィルターを定期的に交換する必要があります。交換しないでいると満足する浄化ができないばかりでなく、内部に残った汚れで水質が悪化してしまいます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *