永久脱毛のメリットとは

永久脱毛をすれば、カミソリや毛抜きを使った煩わしいムダ毛処理からおさらばできるのです。

ムダ毛処理の時間を省けるだけでなく、実は永久脱毛には嬉しい効果があるのです。それが美肌効果です。永久脱毛自体に美肌効果があるというわけではありません。永久脱毛をしたことで、その後カミソリや毛抜きなどを使う必要がなくなる。つまり肌へのダメージが減ることから、美肌になれるというわけです。日焼けで肌が小麦色になるのは、紫外線という攻撃から肌を守るために起こる現象なのです。肌内部を紫外線から守るためにメラニン色素と言う黒色の色素を大量発生して対抗します。このメラニン色素は本来ならターンオーバーとともに垢となって排出されますが、加齢やストレスなどで肌に残ったままとなり、それがシミとなるのです。カミソリや毛抜きも肌にとっては刺激です。この刺激から肌を守るために、同じようにメラニン色素が発生したり、角質が厚くなったりするわけです。こういった間違った自己処理を続けることで肌がボロボロになってしまうのです。そうなる前にしかるべきところでツルツルのお肌をゲットするのが得策です。そんな永久脱毛、受けるなら断然クリニックがおすすめです。エステは身近で値段も安いのでついつい選びがちですが、こちらの光は弱いので永久ではありません。例え一旦ツルツルになっても毛母細胞が完全に破壊されていないため、また生えてくる可能性があるのです。それでは意味がないので、やるなら初めからクリニックでの医療レーザーなのです。

ムダ毛の自己処理が面倒で脱毛したいと思っている人や自己処理の後の肌の仕上がりに満足できないという人には、永久脱毛がおすすめです。脱毛と言えば、エステサロンや脱毛サロンを思い出す人も多く、チェーン店など脱毛できるサロンが、たくさんできていて、宣伝もしているので、脱毛と言えばサロンの脱毛と思うのも無理はありません。サロンの脱毛で、つるつるの肌になろうと思っている人も多いかもしれませんが、サロンの脱毛は、永久脱毛ではなく、ムダ毛が目立たなくなったり、自己処理が楽になったりする効果がある脱毛で、ムダ毛をなくすことはできないのです。永久脱毛ができるのは、美容外科や美容皮膚科などの医療機関で受けることができる脱毛だけです。医療クリニックの脱毛も、サロンの脱毛も、光を使って、ムダ毛の毛根にダメージを与える仕組みは同じですが、医療クリニックの脱毛では、医療機関でだけ使用することが許されている強い光を使って脱毛するため、毛根を破壊することができ、毛根にダメージを与えるだけのサロン脱毛とは仕上がりに違いがあります。また、光の強さは、脱毛効果の違いに表れるので、サロン脱毛が何回も、何十回も照射する効果を、医療クリニックなら数回の照射で得ることができます。

つまり、短い期間、少ない照射回数で、ムダ毛の毛根を破壊して、ムダ毛が生えてこない永久脱毛をすることができるのです。自己処理をせずに、ずっとつるつるのきれいな肌になりたい人は、医療クリニックの医療脱毛を選びましょう。永久脱毛は、長期的に体毛の成長速度を抑えることによって一生綺麗な肌のまま暮らすことが出来るようになる施術のことを意味します。永久脱毛は法律にも定義されている施術なので、実際に施術を行うときには法律に従った方法で体毛を脱毛していかなくてはいけません。ただし、永久脱毛の法律的な立ち位置は少しだけ複雑になっているのでその点だけ注意をしておく必要があります。では、法律的な立ち位置が複雑だと言えるのでしょうか。確かに、半永久的に体毛を処理する行為を行うときには法律に定義されている医療機器を使って施術をすることになるので、医者の免許を持っている人が施術を実施しなくてはいけません。

仮に、医者の免許を持っていない人が勝手に施術を実施してしまうとその人は罪に問われて逮捕される可能性もあります。しかし、実際に医療機器を使うからと言ってそれが医療行為になるのかと問われれば実は医療行為にはならないのです。実際に、永久脱毛を行う際に健康保険を適用しようとしてもできないので施術を受けるときには全額自身でお金を捻出する必要があります。なぜこのような事態になっているのかというと、日本の保険制度が関連しているからです。日本の保険制度は、日本国が定めた医療行為や治療行為以外に関しては控除を認めないと決めているので、永久脱毛はこれに含まれていません。現実的に医療機器を使ってもそれは医療ではないと判断されてしまうので、施術を受けるときにはこの点だけ知っておきましょう。永久脱毛は美容皮膚科など医療レーザー脱毛を扱っている機関で受けられます。通って照射してもらえば、それで終了と思っていませんか。実は自分でもすべきことはいくつかあるのです。まずは事前のシェービングです。永久脱毛では光を使ってお手入れを進めます。

この光、黒い色に熱ダメージを与えるという性質があるため、毛が伸びたままでは伸びた部分に反応してやけどなどの肌トラブルの恐れがあります。そのため照射部の毛は予め剃っておく必要があるのです。ただ、その際に注意したいのがカミソリ負けです。肌荒れした状態では照射できないので、シェービングは正しく行って、その後はしっかり保湿をして肌を整えることです。また、照射前後の体を温める行為はNGです。飲酒や入浴、激しい運動など照射当日には避けましょう。光は毛母細胞に熱ダメージを与えますが、体が温まるとその熱が広がる恐れがあり、やけどなどの恐れがあるためです。ただ、入浴したいなら、照射部位は軽いシャワー程度なら問題ないですし、それ以外は洗っても問題ありません。それと永久脱毛期間中にしてはいけないこともあります。それが日焼けです。日焼け肌が小麦色なのは肌内部のメラニン色素のためです。このメラニン色素は黒色をしています。つまりこの状態で照射をすることで、肌内部のメラニン色素に光が反応してやけどなどの恐れがあるので、期間中の日焼けはNGなのです。

このように永久脱毛はやってもらうだけでなく、自分でやるべきこともあります。こういったことをしっかり守ることで、効率のよい永久脱毛が可能となるのです。永久脱毛を始める時には、いろいろと素朴が疑問をもちますが、カウンセリングで質問をして解決をすることができます。永久脱毛への素朴な疑問として、痛みはあるかどうかも気になりものです。永久脱毛のお手入れは、全くの無痛というわけではありません。レーザー照射をする時には、熱変換したその一瞬の厚さが痛みに感じますが、だいたいできる程度です。医療脱毛の機械の種類によっても、感じ方には少し違いがあります。マシンによっては輪ゴムで軽くパシッと弾かれたレベルもありますし、違う機種ではチクチクと刺激を感じるレベルのタイプもあります。どうしても施術の時の刺激が我慢できないときには、クリニックのスタッフに伝えて、照射エネルギーの調整などで痛み軽減の対応もしてくれます。

照射出力は設定ができるので、痛みに対して不安であっても、安心して脱毛の治療を受けられます。脱毛はどのくらい時間が必要かも知っておきたいことでしょう。人気部位でもある両ワキであれば、照射は10分程度で終わり、そのあとでクールダウンをします。最新式のFDA認可の医療レーザー機器を導入し、使い分けているクリニックであれば、脱毛もより短時間で終了します。脱毛の副作用が気になるとしたら、レーザー施術直後には肌の反応として、皮膚には一時的にほのかな赤みが生じます。誰にでもあらわれますから、数時間かで消えていきます。長くても数日で消失しますから心配は不要です。肌質に合った施術を行うことが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です