脱毛や抑毛のいろいろ

最近は、脱毛サロンで脱毛する方も増えてきているようですが、クリニックで行われる医療脱毛とエステサロンでのものと、どう違うのでしょう。

まず大きな違いは、何かトラブルが起こった時に、その場で治療ができるかどうかです。医療機関には当然、医師がいますので、その場で診察し、治療にあたってくれますし、必要なら、お薬も出してくれますが、エステサロンには医師がいませんので、それらを行くことはできません。トラブルが出た場合は、自分で医療機関に行くしかありません。

さらに、クリニックで施術をするのは、しっかりと研修受け、資格を持った医師や看護師で、資格を持った人にしか認められていない高出力のレーザーなどを使えますので、施術回数が少なくて済み、その分費用を抑えることができます。それに対してエステサロンには、医師はいませんので、クリニックで使うような高出力レーザーなどは使えませから、脱毛効果にも差が出ます。

結果的に施術の回数が増え、費用がたくさんかかることになります。比べてみると、クリニックで脱毛処理をしてもらうほうが、安心安全で、費用が少なくて済みますし、通う期間も短くて済む、ということになりますね。あとは、評判や、通いやすい場所であるかどうかなどで選ぶだけです。クリニックに通って、資格を持っている医師や看護師に施術をしてもらったほうがいいのは分かっているが、自宅から通えるところにクリニックがない場合や、費用の問題などで、自宅で脱毛することをお考えになる方もいらっしゃると思います。

自宅で脱毛する場合、ワックスや、ローションなどを使う場合もあるかと思いますが、ここでは、家庭用脱毛機のことを、ご紹介します。家庭用脱毛機には、熱線を使って、毛を溶かすと同時に、溶かすときの熱で毛根にダメージを与え、少しずつ、毛が生える周期を遅らせ、無駄毛を減らしていく、サーミコン方式のもの、一度に照射できる範囲は狭いが、高出力のレーザーを使うので、高い効果を期待できるが、痛みを感じる方が割と多いレーザー式、一度に照射できる範囲は広いが、低出力なので、一度ではなかなか効果が出にくく、効果を実感できるまで、数カ月かかることもあるが、肌へのダメージが少ない、フラッシュ光式のもの、などがあります。

どれも一長一短ですので、どれが良くて、どれがダメとは言い切れませんから、ご自身でよく調べて選ぶしかありませんが、脱毛は、多かれ少なかれお肌にダメージを与えてしますものです。後悔しないよう、しっかり調べてから、ご自身に合うものを選んでください。脱毛したい部分は、いろいろあります。腕や足、背中、男性なら、ヒゲや胸毛、お腹などです。それらの中で、ここでは、VIO脱毛についてご紹介します。

VIOは、デリケートゾーンの脱毛のことです。Vは、デリケートゾーンの上部のことで、下着や水着から、アンダーヘアがはみ出さないように、処理します。Iは、足の付け根から陰部の両サイドになります。この部分を脱毛すると、生理の時のかぶれを防げたり、臭いを軽減出来たりします。Oは、おしりの周りの毛を処理することです。衛生面などにメリットがあります。

デリケートゾーンは、太い毛が密集して生えている部分なので、クリニックや、エステサロンで処理してもらう時には、通う回数がどうしても多くなってしまいます。もちろんその分費用もかかります。費用がかかるし、忙しくて通えないし、デリケートゾーンの無駄毛のことやトラブルについて、なかなか人に相談できないので、自分で処理する方も多いと思いますが、デリケートゾーンは、文字通りとてもデリケートなので、十分に気をつけてください。また、処理が終わった後のお肌のケアもしっかりと行ってください。

余談ですが、アンダーヘアの人気の形は、逆三角形や、スクエア、だそうです。男性にも、脱毛したい方もたくさんいらっしゃると思います。腕や脚、胸毛、肛門の周りなど、いろいろ気になる部位があると思いますので、ここでは男性の脱毛についてご紹介します。最近、男性が通えるエステサロンなども増えてきていますので、お気づきだと思いますが、脱毛する男性が増えてきています。男性が脱毛している部位の中で一番多いのが、ヒゲです。毎日の髭剃りから解放されたい方や、剃った後の青くなっている感じが嫌だから、などの理由が多いそうです。

すね毛の処理をする男性も多いようですが、清潔に保つためや、蒸れや、臭いを軽減するために、陰毛を処理する方も増えているようです。脱毛の痛みが強い部位としては、鼻の下、陰嚢、ビキニラインの中央部分、だそうですが、神経が集中しているところや、もともと敏感な部分はやっぱり痛いようです。さらに、脱毛には、その他のリスクもあります。まずは、コストと時間がかかることです。

費用はできるだけ抑えたいです。後、ちょっと意外なものとしては、本当に生えなくなる。ことです。ちょっと薄くするだけでよかったのに、つるつるになりすぎて困ってしまう方もいるようです。実際にクリニックやエステサロンに通い始めるまでにいろいろ調べて、納得されてから、行動してください。脱毛に関して調べたいことには、費用や、方法、機械の種類などいろいろありますが、ここでは、脱毛時の痛みについて紹介します。

まず、痛みが強めのものといえば、ワックスが挙げられます。粘着性のあるワックスを脱毛したい部位に塗り、シートをしっかりと密着させて、ベリッ、とはがすやつです。芸人さんたちの罰ゲームのようです。続いて痛みが少しあり、さらに、ストレスがたまる、毛抜きを使っての処理、ちゃんと抜けた時はいいのですが、途中で切れてしまったり、なかなかつかめない時などに、イライラします。

次に、レーザー式です。レーザーが照射されるたびに、パチパチと音と痛みがあります。そして徐毛クリーム、これは、クリームを塗った時はそうでもないのですが、クリームをとるときに、肌をこすってしまうとヒリヒリと痛みますし、かぶれてしまうこともあります。お気を付けください。熱線を使って毛を焼いて処理する、サーミコン方式、熱線が肌に触れたりしなければ、痛みは全くありません。

フラッシュ光式は、出力が抑えられていますので、痛みはあまり感じられませんが、効果が出るまでにちょっと時間がかかります。最後に抑毛ローションや、石鹸ですが、これも効果が出るまでに数カ月くらいの期間が必要になりますが、痛みは全くありません。それどころか、保湿成分が入っているので、スキンケアもできてしまいます。お好きなものをお選びください。レーザー式、フラッシュ光式、サーミコン式、ワックスなど、脱毛にもいろいろ種類があります。ここでは、自宅でできる脱毛法の中から、ローションや、石鹸を使った抑毛についてご紹介します。

抑毛ローションや抑毛石鹸は、毛を溶かしたり、抜いたりするものではないので、塗ったらすぐに効果が出るものではありません。使い続けることで効果を実感できるものです。溶かしたり抜いたりしないので、肌へのダメージを抑えることができますし、保湿効果のある成分が入っているので、お肌のトラブルも起きにくいことも特徴の一つです。ローションタイプと石鹸タイプのものがあり、ご自身の手で届く範囲で済む人は、ローションタイプでいいのですが、背中などもきれいにしたい場合、手が届きませんので、お風呂で体を洗う時に使う、石鹸タイプがおススメです。

また、どちらのタイプも、購入したものはだいたい1カ月で使い切ってしまいます。満足できる効果が出るまで時間がかかりますので、通販などで定期購入したほうが、費用的にはお得です。通販などでは、返金保証が付いていますが、ローションや石鹸の補償については、もともと効果が出るまでに時間のかかる商品ですので、効果があるかないかに対する補償ではなく、肌に合うか合わないか、に対する補償だと考えてください。抑毛効果や、内容量と内容量に対する料金、肌へのダメージなど、しっかりと調べて、納得のいく商品を試してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です