様々な脱毛方法のメリットとデメリット

自己処理で脱毛を行うメリットはサロンに通う時と違って事前に予約をして予約を取った日時にサロンに通う必要がありません。

そのため何時でも好きな時に脱毛を行えるので、多忙な人でも簡単に行えます。また自己処理に使う機器も持ち運び可能な物が増えているので、出先でも行う事ができます。人にもよりますが、サロンに通う場合はサロンのスタッフに施術をしてもらう事になります。

そうなれば脱毛する箇所を施術をしてもらうスタッフに見られたり、触られたりする事になります。これに抵抗がある人にとってはサロンに通わずに自分で脱毛をするのは大きなメリットです。自己処理で脱毛を行うデメリットは専門の知識やスキルがあるスタッフに行ってもらう脱毛と比べて効果が薄いという事です。

専門のスタッフの場合はその人の肌や毛の状態から最適な方法を選んでもらえますし、肌や毛穴に悪影響が出ないように配慮してもらえます。しかし自己処理を行う場合は知識や経験がない状態で自分で脱毛するので、気をつけながら行わなくてはいけません。

さらにサロンでの脱毛では永久脱毛も可能ですが、自己処理の場合は永久脱毛はできません。そのため永久的に脱毛を続けないといけません。サロンに通って脱毛を行うメリットは効果が自己処理で行う場合と比べて高いという事です。専門のスタッフによって最適な方法を選んでもらって自宅では用意できない機器で経験豊富なスタッフが施術してくれます。

これによって自分で処理する時とは比べものにならないほどの効果が期待できます。肌が荒れたり毛穴が傷ついたりするリスクが脱毛にはありますが、専門のスタッフのもとで行えるので無駄毛を処理する事による身体的なリスクを軽減できます。

さらに永久脱毛を行えば施術が全て終了するまでは通う必要がありますが、その後は何もしなくても無駄毛が生えてこない状態が作れるので長期的に考えると無駄毛処理が非常に楽になります。サロンに通うデメリットとしては予約して予約した日時に通う必要があるので、スケジュールを空けられる余裕がないと通えません。

さらに他人に患部を触られたり、見られるのに抵抗がある人にとってはサロンで施術してもらう事がストレスになる事もあります。また永久脱毛をすれば一度施術が終わってしまえばその後は処理する必要がないので、長期的に考えれば自己処理よりも費用がかかるという事はありません。

しかし一時的とは言えサロンに通うと自己処理よりも高い費用がかかります。ニードル脱毛とは電流の通った針を毛穴に刺して毛穴ごと壊して再び毛が生えてこないようにする永久脱毛です。一度だけ施術をするだけで施術が完全に完全に完了する訳ではなく、何度か繰り返し行う必要があります。

他の方法と比べた時のメリットは脱毛の効果が高くて永久に生えてこない状態にできるという事です。また光脱毛などと違って日焼けしたメラニン色素の多い場所でも問題なく施術を行う事ができます。他の方法では効果が薄いといわれる部位でもニードルを使った施術では高い効果が得られるのも大きなメリットです。

逆にデメリットは施術時に痛みが伴う事です。電流が流れている針を毛穴に刺していくので、他の脱毛方法と比べると痛みが伴うのです。さらに毛穴一つずつに針を刺す施術なので、時間もかかるので長い時間施術による痛みが発生します。もしも痛みが激しくて我慢できない場合は麻酔を使って施術に伴う痛みを緩和する事もできます。

麻酔を使用しても痛みが出る事もあるので、医師と相談しながら行うべきです。針を毛穴一つずつに刺していく施術なので、非常に時間がかかる事で人件費がかかる施術方法でもあります。そのため他の方法と比べると費用が高くなってしまいます。ワックス脱毛は除毛用のワックスで無駄毛を除去していく方法です。

メリットは施術時間が他の方法と比べて短いのと施術にかかる費用が安価でサロンによっても違いますが、5000円前後で受ける事ができます。カミソリや毛抜きで処理する時と比べると次に生えてくるまでの時間が長いです。さらにワックスには肌の角質を除去してくれるターンオーバーの効果もあるので、毛を除去するだけでなく肌のケアにも繋がります。

ワックスでの除毛は肌質や毛穴の状態で毛の処理ができる場所が限定されないので、使いやすい脱毛方法です。デメリットは一時的な除毛であるためニードルなどを使っての脱毛と違って永久に生えてこない訳ではありません。そのため無駄毛を処理した状態を保つには2週間から3週間に一度除毛を繰り返し行う必要があります。

ニードルや毛抜きを使う場合と比べれば痛みはありませんが、ある程度痛みが伴う除毛方法です。また人によってはワックスが肌に合わない事があります。そうなると肌が荒れたり、肌が腫れる事もあるので体質的に合わない人には良い方法ではありません。

またアフターケアを受ける必要がある場合は別料金がかかって費用の総額が高くなってしまう事があります。レーザー脱毛はメラニンに反応するダイオードレーザー光を使って毛穴から永久脱毛を行う方法です。家庭用の機器も販売されていますが、サロンで行うレーザー脱毛で使う機器は家庭用の物よりも出力が強いのでより高い効果が期待できます。ニードルでの脱毛と比べて広範囲の無駄毛を一気に除去できるので、短時間で施術を行う事が可能です。

施術に伴う痛みもニードルや毛抜きを使った場合よりもないので、苦痛の少ない施術でもあります。費用もニードルを使った施術よりも安く済みやすいので、予算が少ない人でも比較的受けやすい方法です。デメリットはニードルを使った施術よりは痛みはないですが、ある程度痛みが伴うので少しの痛みで苦痛に感じる人にとっては非常に受けにくい施術です。また光脱毛と比べると出力が強い為に火傷のリスクがあります。

レーザーを使った施術は人によっては施術ができる場所が限定的になる可能性があります。その理由はレーザーがメラニン色素に反応して無駄毛を処理していく仕組みになっているので、日焼けをしている人や黒人の人の場合は無理に使用すれば火傷に繋がるので使用できないのです。

そのため人によってはほとんど使用できない可能性があるのもデメリットです。光脱毛はレーザー脱毛と基本的な原理は同じですが、レーザーよりも波長の長い拡散する光を使います。そのため一点に収束する光ではなく、ある程度拡散するエネルギーを使用するので体に及ぼすリスクがレーザーよりも低いです。

安全面でレーザー脱毛よりも優れているのでレーザーでの施術を行ったものの痛みで断念したり、日焼けなどで火傷の可能性があってレーザーが使えなかった人でも行える施術の方法です。光脱毛のメリットは痛みなどの苦痛が少ないのと肌荒れや肌が腫れるなどの健康リスクが少ないです。

さらに原理が似ているレーザー脱毛と比べても費用が安く済みやすいので、コスト的にも手軽に行う事ができます。デメリットはレーザーと比べると安全性が高いもののその分だけ除毛の効果は低いです。そのため永久脱毛ではないので、除毛してもまた生えてくるので定期的に無駄毛の処理をしなくてはいけません。

メラニンに反応して除毛をするので薄い毛や産毛には反応しないので、ある程度しっかりした毛以外は処理する事ができない方法でもあります。またほくろや黒いシミがある場所に使うと火傷などの危険があるので、そのような場所は違う方法で脱毛しなくてはいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です